サイズアップしたバストが定着してくる

バストアップ開始から半年経過以降、徐々にサイズ自体の成長が滞り始め
8ヶ月を過ぎた頃から、ほぼ膠着状態が続きました。

この間、自分なりに調査・実践を繰り返すも
目に見える変化は、それほど見られないものでした。

そういった状況では、

とりあえず2カップアップしたから、まあいいか・・

という気持ちの一方で

もう半カップ欲しい・・・

といった、欲張りな気持ちも芽生えてきます。

そして、悩んでいる中である事に気が付きます。

それは、ボリュームアップしたバストが「定着」をし始めたことです。

徐々に元に戻らなくなってくる「アップ分」

振り返ってみると、バストアップは「3歩進んで2歩下がる」の繰り返しでした。

それこそ、最初の頃は

半カップ大きくなったら、元に戻る

1カップいったぞ!?と思ったら、そのまま1カップ半いって!!!

少し経つと、半カップまで(1カップ分)戻ってしまう・・・

といったことが続きました。

しかしながら、この頃(開始から1年弱)になると
そういった現象が少なくなってきたのです。

私が利用していた、バストアップサプリというのは
女性ホルモン成分(植物性エストロゲン)である「プエラリア」が主成分であり
その仕組みというのは、恐らく「生理前」に近い状況を作り出します。
(あくまで私の仮説です。)

その結果、周囲の皮膚が伸びることでバスト定着させていく流れが作られていくはずです。

最初の頃は、一時的に伸びていた皮膚が繰り返しによって徐々に定着し
つまり「そのサイズの皮膚」が、徐々に定着してきたことで
「元に戻る」という反応が、出なくなってきたということです。

そしてバストアップブラが、そのメカニズムをサポートしたことで
いわゆる「相乗効果」というものによって
「1年程度で2カップアップ」という結果が実現できたのではと。

もしかしたら、どちらかだけでは結果が出なかった(遅れた)のではないかと感じます。

何が言いたいのかというと・・・

プラス思考になっていき、それほど悩まなくなってきたのがこの頃になります。

私のケースは、けっこうスムーズだったんだ!

グッジョブ!!というわけです。

「大きくなり始め」というのは、見た目にも斬新であり(自分自身が)
もっと大きく、もっと早く、と気持ちがはやります。

その分、元に戻ってしまった時に「落胆」も大きなものになってしまうはずです。

「早く芽を出せ柿の種」

「出さぬと・・・」

そういった気持ちは、押しとどめておき
いちいち興奮せず、がっかりっせず、淡々と繰り返すことが大切です。

以上、今回は「バストアップ格言」でした。

私が実感したバストアップブラはこちら
私が実感したバストアップブラはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする