妊娠~出産をきっかけに垂れて崩れてしまったバストを元に戻すためにできること

「産後ダイエット」と平行して、骨格の乱れや、たるみといった
「ルックス」に関わる要素も、ケアしていくことがが理想です。

産後直後は、開いた骨盤や猫背などの骨格が気になっていたと思いますが・・・

授乳を開始して少し経つと、今度はバストのシルエットが気になってくるはずです。

当初は張っていたバストも、授乳を繰り返すうちに徐々に「張り」が失われていきます。

「女性のシンボル」とも言えるパーツは、
「授乳」という使命のために膨らみ、そして最終的にはしぼむことになります。

身体的には楽になってきますが、産後6ヶ月くらいから垂れ始め
卒乳する頃には完全にしぼんだ状態になってしまっているはずです。

母乳で膨らんで(伸ばして)いたものが、中身だけ失うため
柔らかく垂れてしまうのは、ある意味で仕方がないこと・当然のことですが
できるだけ美しい状態を、その後も保っていくのが理想だと思います。

醜くなってしまったバストのケア方法

バストサイズが大きいほど、その後の修正が難しい印象がありますが
それほど大きくない方でも、授乳中は平均2カップアップすると言われており
その分伸びてしまうことには変わりありません。

バストが垂れてしまう仕組みは、妊娠線(肉割れ)ができる仕組みと同じです。

短期間で急激に伸びることによって細胞が裂かれ
その割れ目の隙間から水分が蒸発し、「しわ」になりくっきり残ってしまうことになります。

乳房の膨張と、縮小は避けることはできないことですが
それらの影響を最小限に抑えるための、対策することはできます。

「妊娠線」へのケアと同じく、早ければ早いほど有効なため
できれば妊娠中から始めたいことですが、卒乳するまでにできる有効策はやはりマッサージです。

特にお風呂の中でマッサージすることにより、肉が伸びることへの耐性を付け
また、伸びてしまったしわや痕が定着しないようケアしていきましょう。

バスト対策は妊娠線対策と似ている部分があり、原因も結果も近いものがあります。

お腹周り・骨盤周りだけでなく、ぜひ上半身にも応用してみましょう。

本気でバストの状態をを改善したいなら、バストの形状を崩している要因としては

  • 表皮・肉組織が伸びていること
  • バストのカタチを支えている「クーパー靭帯」の損傷

もちろん「形状」以外にも「妊娠線」と同じく、
細胞(コラーゲン質)の損傷によって、水分が蒸発してしまい
シワ・スジとなって、表面に現れてしまっていることもあります。

「バスト周辺」の改善策は、可能であれば「授乳期間中」に
始めるべき内容であり「対策(予防)」が最も重要になる要素でもあります。

「授乳期の終わり」に近づいた頃には、ずでに伸びきっている状態であり
「伸びてしまう」過程に施さなければ、効果の薄いものが多いためです。

一度「完成」したら、それ以降は「いかに劣化させないか」ということが
最も重要なものになりますが、妊娠・出産によるダメージは
避けることが出来ないものであり、それなりの準備・対策が不可欠です。

バストの形を保つために(脂肪の塊であるバストを垂れないように)機能する
「クーパー線」は、一度壊れてしまうと修復出来ないものになります。

そのため「壊れる前に」負担を減らし、損傷リスクを下げておくことが
結果的に・気づいた時には「垂れていた」と、ならいないためには
「苦痛でない程度」に、補正ブラジャー等着用することをおススメします。

「補正ブラジャー」は実際におすすめできるアイテム

バストの「形状」に関わる、物理的なケアには
「補正ブラジャー」といったものが効果的です。



一般的には「バストアップ」を目的として、販売されているものも多いですが
そもそもが「適切な形を作る」目的であり、そのためのの力がかかる形状になっています。

自力で常に支える、ということが難しいパーツであり
そのために、女性はブラジャーを付ける習慣がありますが
妊娠後期からの、乳房の膨らみは最も支える力が必要な時期になります。

「たまに」「中途半端に」支えることには、ほとんど効果がありません。

「常に」「適切に」支えていることが、形状を保つためには必要になります。

バストが張っている時期には、

  • 痛い(圧迫するため)
  • サイズが合わない(劇的に大きくなる場合も)

といったことから、現実的には難しい場合もあります。

授乳のための張りに、少し慣れてきてから・落ち着いてきてから
無理のないように、負担のないように着用しましょう。

大切なことは「できれば垂れる前に」始めることですが
「授乳期」が終わった後であっても「ずるずる垂れさせない」ために
こういったアイテムを利用することは、非常に効果的です。

メチャクチャ売れている補正ブラの公式サイトをチェックしてみる

私が実感したバストアップブラはこちら
私が実感したバストアップブラはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする